■  初めてのオンライン面会実施

全国的なコロナウィルス感染拡大に伴いまして、

香川県内でも再び感染者の増加傾向にあることは皆さまもご存じのことと思います。

感染拡大防止の観点からご家族さま等の面会を

条件によってはお断りせざるを得ない状況となっています。

とはいえ、志度玉浦園として

ご利用者さまとご家族さまのをなんとかお守りたい、

そこで以前よりお知らせしていたとおり、

オンライン面会の体制を整えさせていただきました。

そしてこの度、初めてのオンライン面会を実施いたしました。

特別養護老人ホームに入所されているOさまとご家族さまの間でリモートでの面会です。


最初はOさまも勝手がわからずドギマギ。

もちろん操作はスタッフがするのですが、画面に映るご家族さまの顔を

すぐにはそうと理解できませんでした。

しかし・・・

理解ができたとたん、あたかも目の前にご家族がいるようにやさしくお話かけをされはじめました。


補助のため傍で同席させていただいたのですが、、

なにかとても感動する場面に立ち会った気がいたしました。

時間等の制約はございますが、

スマートフォンさえあれば容易に実現できますので

是非、ご希望される方はご連絡くださいね。

2020年08月07日 15時17分 | カテゴリー:スタッフブログ

■  面会をお断りする場合があります。

面会をお断りする対象者

下記のケースに該当する方の来園はお断りします。


三密(密閉・密集・密接)の集まりに参加した人

香川県外から帰県後二週間以内の人

 

新型コロナウィルスの地域感染警戒期に突入中です

あなたの大切な人を守って下さい

2020年08月07日 13時57分 | カテゴリー:お知らせ

■  オンライン面会について

このたび当園ではインターネット(LINEアプリ)を利用した通信による面会が出来る運びとなりました。

導入の主な理由は以下の2点です。

1)新型コロナウイルス等、感染症予防の観点

2)遠方にお住いのお家族様や、お忙しくて中々当園に足を運ぶことが叶わない方でもご利用者様と面会できる利便性

ご利用に関しては、対応日時等の運用ルールの順守とスマホやWi-Fi(推奨)などの通信環境を整備されることが必要です。

詳しくは 担当 水本まで。

2020年07月09日 15時41分 | カテゴリー:お知らせ

■  面会制限について(ご協力のお願い)

志度玉浦園の新型コロナウイルス(地域感染期)への基本姿勢 

当園(介護保険サービスの提供者)は、入所者様、利用者様及び職員の安全面を考慮し厚生労働省及び保険者(自治体)の通知に基づき適宜対応を検討し、慎重かつ速やかな対処に努めて参ります。

入所系、通所系、居宅介護支援(訪問)の各サービス提供が滞らないよう柔軟な対応を心掛けてまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

〖面会制限について〗【重要】

面会は、健康なご家族の方のみとさせて頂きます。

*ご家族であっても、中学生以下のお子様連れはご遠慮下さい。

*ご面会は、2名までの少人数により15分以内でお願いします。

◎特別な事情がある方はご相談下さい。

    志度玉浦園感染症対策委員 宛て  

    ☏(087)-894-5896

  平日の午前9時から午後5時

上記面会制限の実施期間 2020年4月 「ご連絡文の到着日以降より」

◇ご案内はご契約者様宛にお送りしています。

制限措置が取られていることを、ご家族、知人の皆様にもお知らせ願います。

 

面会時間をお守り下さい

平日:午前10時―午後7時

休日:午前10時―午後5時 (休日:日曜日、祝祭日)

 

面会については玄関フロアにて、面会カードを記入後に手洗いと手指消毒をして下さい。

マスクの着用もお願いしております。

発熱(37℃以上)が認められる場合には、面会をお断りします。

 

 

〖職員等について〗

職員については、出勤前に発熱(37℃以上)が認められる場合には、出勤を行わないことを徹底します。

同居家族等の体調も併せて把握するようにしています。

職員とは、利用者・入所者に直接サービスを提供する者だけでなく、事務職や送迎を行う職員等やボランティアを含むものとします。

 

◇なお、今後の感染の拡がりや医療提供体制の状況により、随時、対応が変更

2020年04月09日 10時07分 | カテゴリー:お知らせ

■  玉浦園専用のスタッフ採用サイトがオープンしました。

たちと一緒きませんか。

只今、

介護職、看護職大募集中です。

介護職しては経験者大歓迎!

もちろん未経験でも大丈夫です。

スキルアップしていただける制度用意しております。

まずは志度玉浦園採用サイト(←クリック)を

ご覧ください。

※お問い合わせの入力フォームの際、氏名等の個人情報の入力に抵抗がある方はニックネームやイニシャル、住所なども省略してOKになっていますのでお気軽にエントリーしてくださいね。

2020年03月18日 13時15分 | カテゴリー:お知らせ

■  よしいけこども園のみなさん、ありがとうございます。


毎年、慰問に来て下さるよしいけこども園のみなさんですが、

今年はご存じのようにコロナ禍ということで、

慰問のイベントは休止になってしまいました。

ところが、園児のみなさんが当園のご利用者様へ

プレゼントとして手作りの作品を作って下さりました。

代表してよしいけこども園の先生が3名わざわざ訪問に来てくださり

手渡しで作品を届けてくださいました。

本当にありがとうございます。

素敵なフォトフレーム。

真ん中の空いているスペースに写真をセット。

それを取り囲むように施されている

涼しげな色使いの花びら、

金魚がとっても可愛いですね。


サンプルにと、よしいけこども園さんの集合写真のついた

フォトフレームを持ってきていただいたので、

さっそくデイフロアの天井から吊り下げてみました。

うしろに写っているのは昨年いただいた

「笑顔いっぱい」のペナント。

今年は直接触れ合うことはできませんでしたが、

素敵なプレゼントとやさしい気持ちが届けられました。

来年はいつも通りの慰問、交流が出来ればいいですね。

2020年07月13日 18時02分 | カテゴリー:スタッフブログ

■  アマビエチャレンジ

そもそもアマビエって?


アマビエは、
江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されている。肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物がおこったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし疫病も流行がしたら、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる

                     

ウィキペディアより抜粋

https://twitter.com/i/status/1255874554930573313

このコロナウイルス禍で迷信ともいえる伝説に乗っかってでもこの危機をみんなで乗り越えていこう、とうちのデイサービスでも

アマビエチャレンジをやってみました。


スタッフのご家族が書いてくださった下絵を大きく拡大して

ご利用者様が力を合わせて色鉛筆で塗っていってくださいました。

手指の運動、機能訓練にもなっています。



一般的な横向きバージョンとちょっとコミカルにアレンジした正面バージョンの二種のアマビエ様が完成。どちらもかわいいですよね。

幸い香川県内での介護施設のクラスター発生は確認されていませんが、いつ、だれが感染してもおかしくないんだ!という心構えで職員一同がんばっています。とはいえご利用者様、ご家族様、そして我々スタッフも常に緊張下のなかで過ごさざるを得ません。他県の事例で介護施設の感染拡大のニュースを見るたびに本当に胸が痛みます。自分たちで出来ることは頑張る、そのうえで神様にもお願いしたくなりますよね。

アマビエ様、どうかこの疫病をお沈め下さいませ。

2020年05月25日 20時25分 | カテゴリー:スタッフブログ

■  新型コロナウイルスにつきまして。

新型コロナウィルスの感染を避けるための行動は、
・三密を避ける(密閉空間、密集場所、密接場面)
・手洗いの励行
・会話エチケットとしてのマスク着用
・社会的距離の確保(ソーシャルディスタンス)

以上が最低必要条件です。

 

新型コロナウィルスは私たちの生活を著しく変えました。今までにない事態に発展して来ています。急を要することはウィルスの急速な拡散を防ぐために効果的な方法を取ることです。

誰しもがこのウィルスに感染する可能性があるので、すべての人々が協力し合わなければなりません。
 
この伝染病が教えてくれていることは、私たちが協力し合うことでいかに「互いを守ることができるか。」ということです。
 
 ウィルスの拡散を封じる手段は、お互いの距離を保つことです。
丁寧に頻繁に手洗いをし、人と少なくとも1.5メートルの距離を置き、可能な限り高齢者との接触を避けましょう。

特に要介護高齢者は、リスクが高くなるといわれています。

 
新型コロナウィルスの地域感染期に入っております。

皆様自身をご自愛ください。

そうしてあなたの大切な人を守って下さい。

2020年04月09日 10時04分 | カテゴリー:スタッフブログ

■  新送迎車 納車されました。

志度玉浦園のデイサービス送迎車両に新車がお目見え!

ドーン!

祝!新型ステップワゴン!!納車(涙)


この車両、

日本テレビ24時間テレビ「愛は地球を救う」という番組(知らない方はいませんよね。)を通じて全国のみなさまよりいただいた募金公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会さまが購入・寄贈していただいた福祉車両です。


と簡単に説明しましたが、この車両が我が志度玉浦園にやって来るまでには相当の苦労がありました。全国には新たに車両を必要とする施設はたくさんあるでしょうから応募も多いと思います。福祉施設で資金が潤沢なところなどほとんどないです。志度玉浦園も例外ではなく今ある設備や車両を修繕しつつ長く使い続け支出を抑えることで安定的な運営を行っています。とはいえクルマというものは経年劣化します。デイサービスの送迎ってご利用者の人数にもよりますが、毎日相当な距離を走ります。志度玉浦園のあるさぬき市も平成の大合併で誕生した広い地域ですので今使っている送迎車両の総走行距離もなかなかの数字です。担当スタッフもぜひとも新車が欲しい、とすがるような気持ちで競争率の高い24時間テレビさまに応募をすること、幾年月。

ついに・・・ついに悲願の当選!!

と相成りました。

ではより詳しく車両を見てみましょう。


両側スライドドアですよ、ご利用者さまのお宅の場所(地形)や道路環境などによっては駐停車するときに乗降口が片側ですといろいろ苦労があるんです(切実)。両サイドから乗降可能なのはほんとに助かります。

3列目の座席は折り畳むことによりフラットになり車椅子ごと乗車するスペースが現れます。当然乗降や積み込み用のスロープも出ます。


正直、うちの事業所名より24時間TVのロゴの方が多いですが(苦笑)このまっさらな車両で、より安心安全安楽にご利用者さまを送迎できると思います。日本テレビさま、ならびに24時間テレビチャリティー委員会さま、そしてなによりチャリティー募金していただいた皆さま、本当にありがとうございました。


2020年03月25日 20時04分 | カテゴリー:スタッフブログ

■  一月の日常その2

外出レクリエーションとして

グループホームのご利用者さまと屋島寺

初詣に行ってまいりました。


屋島山頂にある屋島寺、低い山とはいえ季節的にもまだまだ寒そうですが、ご覧の写真のようにポカポカとした日差しが雲間から降り注いでいます。

お天気といえば今季の冬は冬らしからぬ暖かさですよね。厳しい寒さ、寒暖差はご高齢のお利用者さまにとっては大敵なのでその点はありがたいことですが、なにか気候に異常がお起きているのでは?と少し不安にもなりますね。

正月明けしばらく経ってからでしたので

待ち時間もなくスムーズに参拝していただけました。

参拝後は美味しい甘味(白玉ぜんざい)でお茶休憩です。

一方、デイサービスセンターの方では・・・

レクリエーションでお菓子作り体験をしていただいています。

こちらも負けずに「白玉ぜんざい」です。

ご利用者さまに白玉を作る工程に参加していただきます。


白玉粉を水で少しずつ溶きながら


捏(こ)ねます。


そして細長く棒状に丸めて


白玉の大きさにちぎっていきます。

みんなで分業。そのあとはサッと茹でてぜんざいに投入して出来上がり。

おいしくいただきます。


暖冬とはいえ、この時期は体調不良になるご利用者さまも少なからずいらっしゃいます。その日の体調や気分を注意深く押測りながら楽しくお過ごしいただけるよう今年もスタッフ一同頑張ってまいります。



2020年01月24日 10時36分 | カテゴリー:スタッフブログ